なぜ赤ちゃんでも歯磨きが必要なの?その意味を確認してみよう

歯磨きは、まだ小さな赤ちゃんの頃から必要な行いです。
では、なぜ永久歯ではない赤ちゃんにも歯磨きは必要なのでしょうか?

それは、将来生えてくる永久歯に影響してしまう危険があるからです。
だから最初に生えてきた1本目の乳歯から、きちんとケアしてあげることが大切なのです。
永久歯に生え変わったら、虫歯にならないようにすれば大丈夫だと考えがちですが、それは大きな間違いです。
赤ちゃんの頃に生えてくる乳歯の下で、大人の歯である永久歯はずっと生える準備をしているのです。
だから、乳歯が虫歯に侵されるとその虫歯菌が永久歯にまで感染してしまい、大人の歯の虫歯になるリスクがグッと高くなってしまうのです。
細菌のバランスは3歳頃までに形成されるといわれています。
小さいときに虫歯をつくってしまうと、虫歯のできやすい口内環境になってしまうので、お母さんが注意してケアしてあげましょう。

また、乳歯が虫歯によりダメージを受けて、永久歯の準備ができてないまま抜けてしまうと、永久歯が正しい位置に生えなくなってしまうことがあります。
すると、歯並びやかみ合わせが悪くなるなどのトラブルの原因にもつながってしまいます。

つまり乳歯と永久歯はとても密接な関係で、どれだけ乳歯を大切にしたかによって、将来の永久歯が決まるといっても過言ではありません。
一番大切なことは、小さいころから歯磨きを習慣づけ、口の中への関心を親子で一緒に高めることです。
そして早期のケアで、永久歯へのいろいろなリスクを回避しましょう。

ちなみに、親の口腔ケアとして毎日の歯磨きや、定期的な歯医者さんでのメンテナンスはもちろんのこと、周りに対するエチケット面で欠かせないのが口臭です。
もちろん、赤ちゃんの顔に近づくわけですから、その意味でも口臭ケアはしておきたいもの。
最近では手軽な口臭対策用のサプリもあるので、検討してみるのもいいかもしれませんね。ただ、授乳中の方は成分等に気をつける必要はありますよ。