赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるべき?タイミングの見極め方法

赤ちゃんの小さな可愛らしい歯を発見したときには、わが子の成長に感動するものですよね。
それと同時に、この大切な歯を守ってあげなければ、と親としての責任感を感じてしまいます。
では、赤ちゃんの歯磨きはいつ頃から始めるのがよいか知っていますか?

赤ちゃんの歯は、ほとんどの場合下の前歯から生え始めます。
下の前歯が生え始めた6ヵ月から1歳くらいを目安に歯磨きを始めてみましょう。

歯の生え始めは個人差があるので、授乳中などによくチェックして、歯磨きのタイミングを見逃さないようにしてください。
白い歯が見えてなくても、下の歯茎の中心が固くなって塊のような感触があったらもうすぐ生える準備段階です。
そして最初の乳歯が生え始めたら、いよいよ歯磨きトレーニングのスタートです。
赤ちゃんのよだれは自浄作用があるため、最初の歯は本来虫歯になりにくいのですが、なるべく早い段階から歯磨きに慣れさせておいた方がよいですね。
歯を磨く、というよりも口の中に異物が入る感覚に慣れてもらうことから始める気持ちで十分です。

まずは赤ちゃんを抱っこし、膝の上に寝かせて赤ちゃんの目を見ながら優しく、あーんして、と語りかけてみてください。
遊び感覚でママの真似っ子をさせながら、上手にお口を開けられるように練習します。
口を開けることに慣れてきたら、柔らかいガーゼで優しく汚れを拭き取ってあげましょう。

嫌がるときは無理強いせずに、大切なことは親子で楽しみながら、歯磨きタイムを毎日の習慣にすることです。