用意から歯磨きまで赤ちゃんのお口ケアの流れをご紹介

そろそろ赤ちゃんの歯磨きトレーニングを開始しよう!!
とはいっても、一体何から始めればよいのかわからないお母さんに、用意から歯磨きまで赤ちゃんのお口ケアの流れについてご紹介いたします。

赤ちゃんは4、5ヵ月頃になると、おもちゃなどいろいろな物を口に入れたり舐めたりする行動が見られます。
この頃から乳首以外のものを押し出す力が弱まり、赤ちゃんはすでに歯磨きの準備段階に入っているともいえます。
まだ歯が生えていないこの時期から、口の周りや口の中を触れられることに慣れさせておくとよいでしょう。
最初は、顔や口の辺りを愛情をもって優しく触れ、慣れてきたらきれいな指を口の中にそっと触れてみます。
そうやってスキンシップの一環として、少しずつ歯磨きトレーニングの準備をしていくと、その後の歯磨きが抵抗なく行えます。

歯が生えてきたのを見つけたら、いよいよ歯磨きのスタートです。
しかし、いきなり歯ブラシを使うのではなく、初めは指に巻いた清潔なガーゼでふき取ってあげて様子をみましょう。
ガーゼに慣れてきたら、抱っこしながら遊びの感覚で膝の上に寝かせ、まずは声かけから始めます。
このときに、歯をキレイキレイしようね、などと歯磨きは楽しいことだと教えてあげるように明るく声かけしてみてください。
そして、歯磨きが終わった後も思いっきり褒めてあげてください。
この頃はきれいに磨くことよりも、歯磨きを嫌いにならないような楽しい雰囲気づくりがもっとも大切です。