赤ちゃんの歯磨きでもデンタルフロスは使用するべきなの?

大人が使う歯間をお掃除するデンタルフロスですが、小さな赤ちゃんにも使用するべきなのでしょうか?
乳歯に使うデンタルフロスの必要性についてご説明します。

実は、子供の虫歯の90%は歯と歯の隙間にできるのです。
歯磨きだけでは、細かい歯間の隙間まで汚れを取り去ることが難しいですよね。
そこでデンタルフロスを使うと、歯間の汚れや歯と歯肉の間に溜まる食べカスや歯垢を取り除いてくれます。

デンタルフロスは、小さなお子さんに一見必要なさそうに思えますが、虫歯予防のためには行ったほうが良いお手入れなのです。
子供とはいえ歯と歯の間に隙間があまりない場合は、歯磨きだけでは磨ききれずそこから虫歯になってしまうことが多いようです。
大人と違い、もろくて柔らかい乳歯が虫歯になってしまうと、一気に悪化してしまうこともあるので注意が必要です。
歯間に隙間があるお子さんでも、2から3歳頃になると奥歯も生え揃い、歯ブラシが届きにくい奥歯が虫歯になりやすくなります。
奥歯が生え揃うこの時期は虫歯リスクも高まりますので要注意です。
とくに乳歯の奥歯は、表面に細かい溝があって汚れがとても溜まりやすい形をしています。
そこで、奥歯の溝や歯と歯茎の間などの、歯磨きだけでは取りにくい部分をしっかりと取ってくれるデンタルフロスを使用することをおすすめします。

また虫歯予防だけでなく、口臭予防、歯周病予防にもなるので、幼児のうちからしっかりとデンタルフロスを使って予防対策しましょう。