安全に使用できる赤ちゃん歯磨き用の歯ブラシの特徴とは

赤ちゃんに使う歯ブラシって、どんなものを選べばいいのかご存じですか?
安全に使用できる赤ちゃんにぴったりの歯ブラシについてご紹介いたします。

まず始めのうちは、事故やケガを防ぐためにも、シンプルなデザインでできたゴム製のトレーニング用歯ブラシがよいでしょう。
のど突き防止プレートが付いていて、口の中に一定の長さ以上は入り込まないように工夫されています。
お母さんが忙しいときでも、赤ちゃんがこのトレーニング用歯ブラシを噛んでいるだけで虫歯予防になるので、おもちゃ代わりに持たせておくのも効果的です。

ゴム製に慣れてきたら、今度は年齢に合った歯ブラシを選んであげることが重要です。
1歳頃の乳児用歯ブラシは、一般的なものに比べ毛の長さが短くなっていて、ブラシ部分も小さいのが特徴です。
お口の中も狭いうえに乳歯はとても小さいので、ブラシは小さめでの密集タイプのほうが磨きやすいです。
お母さんが仕上げ磨きをしやすいように、持ち手は握りやすく太め、長さは長めのものを選ぶとよいですね。
ブラシの固さは、痛くないように柔らかめのものを選んであげましょう。
また、毛先はギザギザではなくフラットなタイプのほうが効率よく磨けるようです。
自分で歯ブラシを上手に動かせるようになったら、トレーニング用歯ブラシと同様にのどを突かない安全プレート付きのものが安心です。

市販ものでしたら、乳歯期用などと書かれているものを選ぶとよいでしょう。
それでも不安な場合は、歯科医院で相談してお子さんの年齢に合った歯ブラシを選んでもらうと安心です。